キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 うつ病の早期発見 : うつ病に負けない!

うつ病の早期発見

うつ病に負けない!

うつ病は早期発見が大切です。うつ病の兆候に気付いたら、恐れず早めに受診しましょう。

うつ病の早期発見

誰もがなりえるうつ病。

しかしうつ病にかかっても自覚がない人が多いことや、医療期間に受診しずらいなどの理由で受診していない人が多いと言われ、通院している人は4人に1人程度なのだとか。

うつ病も他の病と同じように早期発見が早期治癒に結びつきます。

ですから、うつ病にかかったことによる変化には、なるべく早い段階でに気付く必要があります。

自分で気付く変化としては、憂うつな気分、それまで興味があったことにも興味がわかなくなり、楽しめない、疲れやすい、気力や集中力が低下する、あまり眠れない、食欲がない、一人になりたい、夕方より朝方の方がだるい、心配事が頭から離れない、自分が無価値だと感じる…などなど。

これらにピンときたら、受診することをお勧めします。

近年はうつ病にかかることなど全く珍しいことではなく、精神的に不安定な時期に、気軽に心療内科や精神科の門を叩ける時代です。

周囲の目を必要以上に怖がって、受診が遅れることのないようにしたいものです。

Copyright http://www.malimihaljevec.com/ All Rights Reserved.